単身赴任を実施する前にやっておきたい準備

住居周辺の施設を調べる

転勤なしの会社なら住まいを変える必要はありませんが、ありの場合は単身赴任をする可能性があります。単身赴任はただ住まいが変わるだけではなく、家族と離れて生活することになるため、しっかりと準備をすることが大事です。たとえば、住居周辺の施設の情報を調べるようにしましょう。単身赴任をすることになった場合、アパートやマンションなどで生活するケースが多いです。その周辺に買い物が可能な店や金融機関など、生活するうえで必要な施設があるかどうかを事前に調べておきます。そうすれば、単身赴任先での生活をある程度予想できるようになるため、必要な物をピックアックしやすくなります。地図をチェックすれば、住居周辺の施設はある程度わかります。

大体の生活費を予想する

単身赴任をする際は生活費が必要となります。家賃や光熱費は会社で負担してくれたとしても、食費や交際費、趣味に使うお金などは自分の給料から捻出しなければなりません。もちろん、自分だけではなく、離れて暮らす家族の生活費も考えなければならないので、単身赴任によって支出が増加することは頭に入れておくべきです。自分で給料を管理しているなら多少の自由は利くでしょうが、妻に給料を管理してもらっている場合、本来よりも少し多く生活費をもらうようにすることをおすすめします。そうすれば、急な出費が発生する時に対応できるため、職場の飲み会に参加したり、職場や取引先関係の冠婚葬祭に参加したりなど、色々な面でメリットがあります。

仕事の関係で単身赴任になった時、困るのが新生活での家具です。ただ物件によっては単身赴任の家具が備え付けのところもあります。