値段よりもデザインで勝負

婚約指輪は、男性にとっては少し気が重い買い物でしょう。給料の3ヶ月分の値段の指輪を選ぶのが常識とされていた時代もあるため、プレッシャーがかかりますよね。しかし、近年の婚約指輪の相場は20万円から30万円とされており、それほど気負う必要はありません。それよりも、素敵なデザインの指輪を選ぶことに頭を悩ませた方が良いでしょう。そこで、人気の婚約指輪のデザインを3つご紹介します。

一番人気は定番のソリティア

1番人気があるのは、婚約指輪の定番デザインとされるソリティアです。リングに立て爪でとめたダイヤモンドが輝くシンプルなデザインです。ダイヤモンドが引き立つデザインでもあるため、ダイヤの質にこだわりたい人にもピッタリのデザインとなります。

女性らしく華やかな印象のメレ

次に人気があるのが、メインのダイヤモンドの横にメレダイヤが施されたメレです。華やかで女性らしいデザインが特徴となります。メレダイヤの数によっても印象が異なるため、選択肢も豊富です。セミオーダーにして、自分だけのオリジナルデザインにカスタマイズするのも良いでしょう。

ゴージャスで美しい輝きのパヴェ

3番目に人気なのが、アーム部分にダイヤモンドを埋め込んだパヴェです。キラキラとゴージャスなデザインで、婚約者の指先を美しく輝かせてくれます。全て同じ大きさのダイヤを敷き詰めるほか、真ん中に大きなダイヤモンドをおくなど、色々なタイプがあります。

その他にも、誕生石などのダイヤモンド以外の石を使った婚約指輪など、変わり種の指輪も人気があります。自分で選べない時は、婚約者と一緒に選びに行くのも良いでしょう。

婚約指輪には様々な価格帯の商品が存在し、予算に応じて選べる点が魅力です。その際、ショップのスタッフに予算を伝えることで、おすすめの商品を提案してもらうこともできます。